男性

生命を脅かすハチを見つけたら迷わず退治しよう

ネズミ

業者ごとに費用は違います

ネズミは特に身近な害獣で体は小さくても様々な被害をもたらすことで知られています。駆除は早めに行っておきたいですが、専門業者に依頼すればより確実な駆除ができ、侵入口をふさぐなどで再発を防ぐこともできます。依頼する前には料金もよく確認しておきましょう。

困る婦人

プロに依頼

住居に住み着きやすい害虫には南京虫が挙げられます。これの駆除を個人で行うのはなかなか難しいため、南京虫駆除は業者に依頼するのをおすすめします。駆除業者では、素早く確実に南京虫を駆除してくれます。

作業員

効率の良い駆除方法

最近はスーパートコジラミが発生したこともあり、業者にトコジラミ駆除を依頼する人が増加しています。しかしながら、1人でも駆除することは可能です。生息場所にスチーム処理をすることで駆除をする方法と薬剤による駆除方法の2つがおすすめです。

外注を駆除しよう

ハチ

ハチの退治は害虫駆除の中でも最も難易度が高いです。ハチを見てもすぐに攻撃するのではなく戦略をしっかりと立ててから行いましょう。まずハチの巣を見かけたらハチの巣の形状と大きさを確認します。ハチを見ても何の種類かは専門家でもない限りわかりませんが、巣の特徴からそれが何の種類なのか特定することは容易です。ハチの中で攻撃性が強いといわれるアシナガバチの場合はお椀のような形をしていて、色は灰色っぽいです。半円形なので幼虫やサナギがむき出しになっています。アシナガバチは家の周辺に巣を作る傾向があり、高いところだけでなく人の目線よりも低いところに作ります。アシナガバチを退治するには巣を壊してもすぐに同じ場所に作りますので、完全に撤去しましょう。

アシナガバチに巣を作られた場合、退治するにはしっかりと防護服で身をつつみましょう。そうしないと攻撃性が高いために襲われてしまいます。合羽でもかまいませんが、市役所によって防護服の貸し出しをしているところもあります。夕方から夜の時間帯は外に出ていたアシナガバチが戻ってくる時間帯でもありますので、殲滅させるにはちょうどいいタイミングです。活動が鈍ってくるのもこの時間帯です。風上から巣に向かって1分間ほど殺虫剤を吹きかけましょう。そうすると外にいるアシナガバチだけでなく巣の中にいる成虫や幼虫やサナギもまとめて退治することができます。アシナガバチがいなくなったら、巣を叩き落して袋に詰めます。巣を取った箇所に殺虫剤を20秒程度噴射しておいて終わりです。もし、このような手間を掛けたくないのであれば、専門業者に連絡しましょう。費用はかかりますが、効率よく駆除できます。